医療ファッション革新

医者

医学現場におけるファッションの革新、スクラブ白衣。機能とコスト、デザインにこだわるのが今の主流と言えます。カラーにキャラクタープリントなど、自由度の高いファッションも見られるようになりました。

More Details...

実は色々なデザインがある

医師と看護師

移り変わりゆくデザインとして注目なのは、様々な白衣タイプではないでしょうか。衛生面で丈が変わったり、デザインにも変更が取り入れられてきたアイテムです。形もいくつかありますが、やはり医療現場では機能第一です。

More Details...

人気はデザインと機能性

2人の医者

機能的で人気の高いスクラブ白衣の中でも、ミズノのスクラブ白衣は人気があります。デザイン性と機能性、生地などから着やすく過ごしやすいのも人気の高いポイントと言えるでしょう。

More Details...

医療現場のファッション

看護師

白衣やナース服の変化とともに、ナースの足元にも多くの変化が起きています。ナースシューズにも歴史があります。まず最初は白い布などで作られたパンプスがナースシューズでの主流でした。白衣の天使で有名なナイチンゲールなどもその頃はパンプスタイプで、医療現場を駆けまわっていたのでしょう。それからサンダル、スニーカーなど動きやすいナースシューズに変わってきたのです。今では、通気性の高いナースシューズや、疲れにくいシューズが作られています。緊急時にすぐ動けるように、かかとを潰して履けるスニーカーやスリッポンのようなタイプのサンダルなどもよく利用されています。登山用の疲れにくいトレッキングシューズを元にしてナースシューズを作ることもあります。走ったり、階段を駆け上がったりと、意外と激しい運動することも多いナース。そのため、ナースシューズとしては疲労やストレスと蓄積しにくいデザインであることも重要です。さらに、人を支えることもあるので、足元のバランスや安定感は大事な項目と言えます。また、ナースシューズによく利用されているシューズにはマジックテープ式で紐がないタイプもあります。紐を踏んだり、結ぶ手間を省くのに効率的なデザインです。ナースシューズは、よく蒸れるとのことで、ナースの声からムレ解消に靴底に穴を開けたデザインが採用された歴史もあります。ナースシューズにもこうした歴史があり、様々なデザインが取り入れてきたのです。

Copyright© 2016 白衣やナースシューズのデザインは利便性により移り変わっています All Rights Reserved.