実は色々なデザインがある

医師と看護師

白衣には先に述べたロングコートタイプや、ワンピースタイプ、スクラブ、ケーシー白衣といった種類があります。医師や科学者などに用いられるロングコート白衣は、正式名称はドクターウェアと呼ばれます。白く清潔感がありますが、現在では正面に並ぶボタンや裾が引っかかったりする危険性から医療の現場ではスクラブやケーシー白衣が主流になりつつあります。ナースキャップの問題からナース服も、このスクラブやケーシー白衣に変わっているところも多くあります。ケーシー白衣は、美容室や歯科医院で見られることも多い白衣です。ハイネック気味で、右側の部分にボタンなどが付いています。丈は短くなっていて、動きやすさと清潔感があります。スクラブ白衣はデザイン性と機能性から現在では、衣装現場で主流の服として利用されてきています。看護師さんの白衣も同じようなタイプのものが利用されるようになっています。吐瀉物や血液、汗や尿、水や薬品と、介護や看護の現場には、どうしても汚れがつきものです。コストが高い服や、すぐ着替えられない服、洗うのが大変な服は不向きです。そのため、コストが安く、大量購入や使い潰して破棄ができる量産可能な衣装である必要があります。さらに、洗うのが難しいと時間のロスや手間につながります。患者さんのために、昼夜なく走り回っていることも多い現場で働く方としては、いつ呼び出されるかもわかりません。洗濯にムダな体力や手間をかけるのはナンセンスとも言えるのでしょう。

Copyright© 2016 白衣やナースシューズのデザインは利便性により移り変わっています All Rights Reserved.