医療ファッション革新

医者

お医者さんやナースの格好というと、TV番組の白い巨塔に出るようなロングコートの白衣、白いワンピースタイプのナース服などが思い浮かぶのではないでしょうか。しかし昨今の病院では、意外と動きやすそうな格好をしている医師や看護師も多いものです。現在では殆どの病院で洗濯などに適したスクラブ白衣を取り入れています。スクラブ白衣とは、白衣と言っても白い色だけではなくカラーの製品も多くあります。ホワイトやピンク、グリーンやブラウン、グレーなど今や実用性やデザインからも人気が高いそうです。スクラブの形はロングコートのような白衣と違い、腰辺りの短い丈でVネックのTシャツのようにも見えます。ポケットがついているデザインが多いのは物を入れたりする実用性や利便性でしょう。従来の白衣と違いボタンなどがなく、生地が強い特徴があります。強く洗っても、へたりにくいので汚れやすい上に、清潔が重要な医療現場において合理的です。生地の厚みから、プリントなどにも対応できるため、キャラクターやデザインで目を楽しませる効果を出すこともできます。そうしたプリントなどは、小児科の医師や看護師に多いようです。白い色だけでなく、カラーが選べることで白衣恐怖症などの患者にも効果があるとされています。スクラブ白衣は着心地も楽な生地が多く、動きやすいので、多くの医師や看護師達からも好まれています。スクラブ白衣は、ロングコート白衣などに比べて、値段も安価です。コストパフォーマンスが良いので医療やエステなどの多くの現場で利用されています。

Copyright© 2016 白衣やナースシューズのデザインは利便性により移り変わっています All Rights Reserved.